活性炭で歯を白くする方法を試してみた!

加齢と共に歯の黄ばみが気になるという方も増え、様々な歯を白くする方法が紹介されていますが、最近活性炭で歯を白くする方法が注目を集めています。活性炭とは石灰やヤシの殻などの植物を減量とし、高温ガスを使用して特別な処理をして炭化させた炭を指します。微粒子レベルの細かな穴がたくさんあり、この穴が汚れや臭いの元となる微粒子を吸着させていくため、汚れが取れていくといわれており、身近な例では浄水器や冷蔵庫で使用する脱臭炭として利用されています。
この活性炭の汚れを吸着する働きが歯を白くする方法として注目され、歯磨きに使用すると歯の表面に付着した着色汚れや歯垢の吸着はもちろん、口臭対策にもなるといわれています。実際に歯を白くする方法としてインターネット上に活性炭を使用して歯を磨いている動画を公開している方もいます。
歯磨きの手順もシンプルで、歯ブラシに活性炭をつけて数分間歯を磨き、その後普通の歯磨き粉でもう一度磨くだけです。炭には黄色く変色してしまった歯を白くする力もあるといわれており、自宅で簡単にケアできるのも魅力的です。エナメル質が薄くなることで起こる変色には長期対策が必要となりますが、通常の着色汚れであれば短期間で効果を出すことが可能といわれています。歯磨きとして使用できる活性炭は通販サイトで簡単に購入ができるため、歯の着色汚れが気になっている、歯科医に通うのは抵抗があるがホワイトニングをしてみたいという方におすすめといえるでしょう。
ヤニ取り歯磨き粉人気ランキング│今アツイ!!歯を白くする方法とは?はこちら