ミュゼの脱毛、痛みがとくに強いのはどの部位?

ミュゼは、脱毛サロンとして全国にお店を持っています。部分脱毛からセットコース、全身脱毛まで幅広いメニューが特徴で、お客さんの希望に合わせた施術を提供しています。ミュゼは、S.S.C.方式という脱毛方式を採用しています。お肌を保護するジェルと、脱毛機から照射される光の相乗効果で脱毛する方法です。
S.S.C.方式は短時間で広範囲の施術が可能で、痛みも少ないというメリットがあります。お肌への刺激も弱く、施術後にはトリートメントをするのでやさしい脱毛が可能です。施術に使われる光は黒い色に反応するようにできていて、濃い毛ほどより強く反応します。そのため、毛の濃さにより痛みが変わってきます。
ミュゼで痛みが特に強い部位は、デリケートゾーンです。この部位は皮膚は薄いのに、毛は濃いので、脱毛機の光が反応しやすく、痛みを感じやすいのです。元々敏感な部位で、痛覚が発達しているのもその理由です。ミュゼでは、できるだけ痛みを感じないように施術をするために、スタッフの高い技術レベルを保つ教育を行っています。
痛みは個人差があるので、施術中も痛くないか等常に配慮することで、施術の調整を行っています。こうすることで、より刺激が少なく、お客さんひとりひとりに合わせた脱毛が提供できます。痛い方が効果があると考える人もいますが、肌トラブルにつながるので、スタッフの質問には正直に答えるようにしましょう。安全に脱毛するために必要なことです。